植物」カテゴリーアーカイブ

今日はベリーダンスレッスンでした✨

今日は、朝のベリーダンスレッスンでした。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました✨😃

・今日は丹田から🌀(渦巻き)を発生されるワークで、
源のエネルギーを私たちは内在していることを意識しました!

・後半は手の動きと、何を意図して手を動かすかということを。

・ストレッチタイムには、横隔膜・骨盤底筋群のワークを。

・クールダウンにはオーラをケアする腕の動きを。

と…割と全体的に身体のケアができる内容でした♫


オンライン ベリーダンスレッスンは、
単発でご参加いただいても 楽しんでいただける内容ですので、
ご都合が合えばぜひトライされてみませんか?

土日の開催リクエストも頂戴していますので、企画してみたいと思います。


✨次のベリーダンス オンラインレッスンは、12月3日木曜日 20:30~22:00です。✨

お問い合わせ・ご予約は、メールにてお待ちしております。
nahara.naoko.m@gmail.com

昨日投稿に登場した黄色のモンステラの葉っぱは、意外なことに「珍しい」「可愛い!」とお褒めの言葉をいただいて、わたしもとても嬉しくなりました。日々たくさん元気をくれて、ありがとう♡

何よりも必要なのは愛情

モンステラの葉が2枚黄色になってしまいました😢
でももうストップしたので、植木たちも新しい環境に慣れてくれたようで、うれしいです。

お花屋さんだった友人は言います。植物に必要なのは何よりも愛情だそうです。
もちろん適切な日当たりと、水やりは大切ですが、愛情がないとダメだそうです。

私たちもそうですよね。
もっともっと自分を大好きになろうと最近決めました。

あなたはどんな風に、自分に愛情を注いでいますか✨


切り落としましたが、お花たちと相性がよかったので一緒に飾りました。

らんちゃんに会いに。

みなさま

こんにちは!


昨日はお散歩日和でしたので、直売所で見つけた割れてしまった”B品” 無農薬のニンジンを持って、久々にヤギたちに会いに行くことにしました!

ヤギのらん丸と茶々姫の住むお店件オーナーご夫妻の住居 “ストーブ生活” は、うちから真っ直ぐ行って、左折して、真っ直ぐ行ったところにあり、『何か新しいこと』をしてみたいと思っていた私としては、歩いて行ってみることにしましたー☆

まあ40分くらいでいけるかな?ということで、意外とお口が小さいヤギたちが食べやすい様に縦に何本かに切ったニンジンを携え、のんびり出発。



車でビュッと行くと見過ごしている景色も、歩いてなら細かく楽しめます。
時々立ち止まってはそれらを楽しんだり写真を撮ったり。
よかったら一緒に眺めてくださいね♫

家を出発して、鉢巻道路をまずは少し登ります。青空が気持ちよい〜♫
葉っぱも草もキラキラしています〜✨
ここ、いつか焚き火をするのかしら?
栗です♪
鉢巻道路から左折した道が長いのですが、下りです♪

あとで調べると、ストーブ生活までは4.3kmあったらしく、ゆっくり歩いたので、50分ほどかかりました ! でも、歩くって、瞑想ですね。下りだから楽というのもあり、そんなに時間が経った様には感じませんでした!
結局、合流することになっていた彼の車に追い越されて気がつきましたが笑

着きました、着きました。

「あ、ニンジンのお姉さんが来るわよ。」
「ホントだね。」

2匹は朝から草刈り(草食べ)のいい仕事をしているのですが、もうストーブ生活の敷地では全然足りなくて、お隣の畑に進出しているんです。

私を認めて、待っててくれました♫
早速ニンジンを取り出すと、バリバリとすぐに全部食べてしまいました。

そして!
大好きなニンジンでテンションの上がった2人が、可愛い頭突きプレーを展開!
動画があるのですが、ここに貼り付けられないので、みなさま是非facebookまたはインスタを見ていただきたいです!

実は、白いオスのヤギ、らん丸君より1年遅れて来た茶々姫は、最初、らん丸につつかれるばかりで、少し元気がなくて、心配したのです。今はこんな風に自分から頭突きする様になったなんて!すごいすごい!と感動しました。^^
らん丸にはないけど、茶々の方は10cmくらいのツノがありますから。今はどちらかというとらん丸の方が負けているのでは?という感じです。


新しいお散歩と久々のヤギたちとの時間に癒された昨日でした。

またね〜〜♫

夏の八島湿原へ♫

みなさま こんにちは 。


みなさま ご無事でしょうか。
豪雨で被災された土地とお住いの方々に謹んでお見舞いのを気持ちをお祈りするとともに、個人にできることで少しでも助けになると思うことをしていきたいと思います。

🍀

昨日は久しぶりの晴れでした。やった! とばかりに大量のお洗濯を済ませると、おにぎりとサンドウィッチ(なぜか両方笑)のお弁当を作り、飲み物を用意して、久しぶりの八島湿原へとドライブしてもらいました。

八島湿原は初めて来た時から何度か訪れていますが、お天気や植物の様子が来るたびに違ってちっとも飽きない、とっても美しい自然保護公園です。

うちの方は晴れていましたが、標高1600m以上の現地では、霧というか雲が流れている、しっとりとした空気のお天気でした。

目にしみるようなグリーンの世界にお花畑の方に咲き乱れる季節のお花たち。
神秘的な美しさにまたもや心を奪われました・・・。

そして、ぐるっと一周する道から外れた先に行くと、ひっそりとした旧御射山 (もとみさやま) 神社があります。かつて諏訪大社下社の重要な神事の行われていた場所だそうですが、とっても聖地の雰囲気があるのです。来るたびにこちらにお参りしています。

🍀

昨日の体験は、現在勉強中の28日間の「本当の自分と出会う」ワークの、今日の部分ととてもシンクロしていました。

わたしたちは本来宇宙の一部で自然のリズムと調和している存在。
近代化によって周囲から自然が姿を消して行くとともに、わたしたちの中に残っていた自然の部分も小さくなってしまうのですが…

わたしたちの魂のタンクを満タンにする、最も手っ取り早い方法の一つは、自然の中で時間を過ごすこと。
実は、研究によって明らかになったところでは、人間の脳は自然を思い描くだけでも、実際に自然の中でときを過ごすのと同程度の成果が、心理学的にも生物学的にも得られること。

自然の画像や動画を見て「癒されたなぁ~」という感覚、実は本物の癒しの経験だったのですね。

🍀

八ヶ岳に越して来て8ヶ月目にして、自然の中に身を置くことには、もしかしたら想像を超えるような効果?良さ、があるような気がして来た今日この頃なのでした。



ベリーダンスレッスンのお知らせです☆
<募集を再開しました。詳しくはこちら。>

Nahara Bellydance 夏の特別企画 大体の時間割は以下の通りです。
8月24日(月)13時より 小渕沢 ハーベストテラス内スタジオにて
➀13:10~15:10 初めてのヴェール ワークショップ
15:20~15:40 お茶タイム
➁15:40~16:40 オンラインレッスン生 限定レッスン


ニッコウキスゲ、ノアザミなど季節のお花が咲き乱れていました✨






縄文人の選んだ土地と、古代蓮✨

みなさま こんにちは。


水の災害が多く発生してしまいました。
みなさま ご無事でしょうか?
どうか早く激しい雨が落ち着き、被害がなくなりますように。
被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。



一昨日は、心のふるえるような体験がありましたよ♪

すぐ近所の、井戸尻史跡公園の、「古代蓮」が咲き始めているよ、というニュースを先週から聞いていて、今日、雨も止み近くに用事があったので、念願叶って連れていってもらうことができたのです✨地元の方おすすめのパワースポットだと思うのですが、わたしは公園自体、訪ねるのが初めてでした。


駐車場から、公園内を歩いて行くと・・・

そこは “エデンのよう” と思うような、場所でした!
なんだか優しく、うっとりするような気に満ちているような気がしました。

縄文人の住居が再現されています。風景に溶け込んで、可愛らしいです♪


この土地は7000年前から縄文人が暮らしていた遺跡の出た場所で、集落がいくつもあったのだそう。山々を臨む、水の豊かなこの土地を選んだ古代人たちの営みは4000年前に一番栄えたのだそうです。

りんごが♪
ぶどうも。

果樹や畑の間を歩いてさらに進むと、古代蓮、「大賀蓮」の池がありました。

なんと美しい蓮・・・!
写真だとわかりづらいと思いますが、とても大きくて、
素晴らしい存在感!

みなさまにもお届けしたいなと、動画や写真を撮影しながら、
風に揺れる美しい葉と花の世界に浸っていました✨

まるでお釈迦さまが降りていらっしゃりそうな景色だなあと感じながら…✨



「大賀蓮」は、縄文時代の土の中から発見された3粒の蓮の種子を、1951年に蓮博士こと生物学者 大賀博士が発芽させたところ、1つを開花まで育てることに成功されたものなのだそうです。種子ってすごいですね…!何千年も前の縄文時代に咲いていた蓮を、今見れるなんて、とても不思議な気持ちです。


このような感動体験をした時、
神さまからのメッセージをいただくような気がしませんか? ✨
(わたしの言う神さまは特定の神というより、宇宙とか、大いなる存在のようなものです。)

またしても、”これでいいんだよ〜。”というような、温かく肯定されるような、包み込まれるような感覚を感じました。



古代蓮は今や全国の150箇所に栽培されているとのことです。

井戸尻史跡公園の古代蓮は今月が見頃のようですが、公園には他にも数種類の蓮が栽培されていて、9月まで楽しめるようです。


縄文のパワースポット、八ヶ岳✨
遠方のみなさまにも、是非いつか遊びにいらしていただけますように♫
こちらでお会いできることを楽しみにお待ちしております♫

✨✨

最後にお知らせです✨
8月24日に、八ヶ岳にてベリーダンスワークショップを開催します!
小淵沢駅近くの山々を臨む素敵なスタジオで、初めての方もご参加できて、1曲踊ります。
詳細は近日中にお知らせいたします。



新大陸のオーガニックコスメ (メルボルン記 その6)

メルボルンへの旅で素晴らしい発見だったことがもう一つありますよ。
それは、オーガニックのスキンケア製品です。

もともと幼少の頃、そして高校生の頃にアトピーに悩まされたこともあるわたしの肌はとても薄く敏感な質なので、’80年代フランスではアヴェーヌ ( Avene )など敏感肌用の化粧品に助けられ、その後’90年代からは、主にドイツなどの自然な成分のみを使用した化粧品が日本のクレヨンハウスなどで手に入るようになり、お肌のトラブルとは幸い無縁になりました。

その後どんどんと新しい商品やブランドが誕生するようになり、他にもオーガニックコスメの専門店ができるという良い時代になりましたよね。
けれども、自然化粧品といえど、新しい基礎化粧品を試すのは合うか合わないかのリスクはあって、ついあまり冒険していなかった近年でした。



さて、到着の日はとても爽やかで過ごしやすいお天気に恵まれたメルボルンでしたが、翌日は熱波となり、43度の気温の中、いくつかの用事や観光のため近くの街を歩き回って過ごすことに。しっかり帽子をかぶり、誰もささない日傘もさしていましたが、家に帰る頃にはお肌に滅多に感じたことのない乾燥?ツッパリ感?を感じていました。

両手で顔をおさえるわたしを見てお姉さんはすぐさま、「敏感肌なのね。お肌がタイヘンになってしまったんじゃない?」と見てとると、ジュリークのラベンダーエッセンスを加えた冷水に浸したハンドタオルを作り、まずこれで冷やしなさい。と渡してくれました。
その後、これからはこれを使いなさい。と渡してくれたのが、日本でも人気のあるパーフェクト・ポーション ( Perfect Potion ) のローズウォーター、そしてエディブル・ビューティー ( Edible Beauty ) という初めて聞くオーストラリアのブランドの基礎化粧セットでした。

実はわたしとお姉さんは肌質がとても近かったようで、わたしの感じていた肌トラブルや違和感の問題を彼女も経験済みだったし、彼女が自分の敏感肌をレスキューするために見つけたきた優れものの自然化粧品とケアの仕方は、どれもわたしの肌にもぴったりだったのです!
なんてラッキーなことでしょうか!💕
ちなみに、肌質のみならず、ファッションや食べ物の好みまで似ていたので、お姉さんのお勧めはいつも確実で、本当にたくさんの恩恵に預かりました!

エディブル・ビューティーの基礎化粧トライアルキットは、4つの製品から成り立っていて、どれも真っ黒の小さなボトルに入ってとても小さなネイビー色の文字で、「No.1 Belle Frais Cleansing Milk with a dash of lime 」などと印字されているのです。とても詩的で、何やらフランス料理のお名前みたいです。

「これはね、あるギリシャ人の女性が、欲しい製品がないので自分で作り始めたものなのよ。」Edibleとは食べられるという意味。全て食べられる材料で作られたコスメなのだそうです。

コンセプトやデザインが素敵という他に、香りやテクスチャーなど使い心地は最高。しかし、驚いたのはその効果でした。なんとその晩のお手入れに使っただけでわたしの肌の違和感は消え、その後の滞在中もタフな気候に負けない状態を保つことができました。すっかり気に入ってしまい、幸いクリスマースの大セール中だったので、2つの製品を持ち帰りましたが、1と月ほど続けていると肌がより滑らかになったのにも驚きました。化粧品にこうした効果を期待していなかった近年でしたので、今日のオーガニックコスメの力を思い知ったとても嬉しい出来事でした。

アーティスティックなパッケージも魅力的



乾燥や紫外線など、非常にタフな気候だったメルボルンの真夏。
オーストラリアやニュージーランドで優れたオーガニックコスメの誕生する理由がわかるような気がしました…。こうしたチャレンジングな気候条件の地域だからこそ、それでも女性が健康で美しく幸せに生きて行くための知恵を神様は授けてくれるのではないかしらと、思ったことでした。



昨晩は都知事より都民に向けて、週末からの行動制限の要請がなされました。
世界の他の国々の人々が経験しているようにわたしたちもこれからたくさんのチャレンジを経験することになるのかもしれません。
覚悟が必要だと改めて感じる一方で、わたしたちがこの時代を生きるために必要な知恵はきっと授かることができると信じています。
一緒に乗り越えましょう。

メルボルンの自然 (メルボルン記 その4)

初めてのオーストラリア大陸。
メルボルンで見た自然は、今まで見たアメリカ、ヨーロッパ、アジアのどことも違って、
大きくて、元気で、ワイルドでした!ワイルドビューティー✨
よろしければ切り取ってきた風景をご覧ください。

植物園はもともと大好きで、近年では京都の植物園がお気に入りでした。お花見も佳し、野外彫刻展も面白く、作り込みすぎずどこか自然な感じがリラックスできて、何もない時にただぶらぶらしても素敵なところなんです。
メルボルンは都会なので、すぐに自然が恋しくなりました。オーストラリアの自然も見たいし♫ということでピクニックに出かけたのは、王立植物公園 (Royal Botanic Gardens )です。1846年設立と歴史があり今まで訪ねた中で一番広大な敷地 (36ヘクタール、東京ドーム8個分)でした!

散策を初めてまず出逢ったったのが、こちらのステージ?これからライブがあるようで!なんて素敵なステージ!
ただ案内が見つからずてライブは夕方だったのか、その時に居れなくて残念!空港でもあったように、こうしてさりげなくギターと歌の演奏を楽しめるのは本当に良いなあ。日本もそうなってほしい✨
この素敵すぎるオーナメント…!✨
ピクニックできるような芝生のエリアもたくさんあります。
抜けるような青い空と、広〜い芝生!大きな樹々!
お休みの日だったので、集まっている人たちも。ただ、紫外線が日本の真夏以上に強そうなのに、日傘はもとより全く見ず、帽子をかぶる人は多くなく、地元の人たちのタフさに驚きました!
エキゾチックな植物たち✨
シダ園を散策中♫
ニュージーランドの植物を植えたエリア。この辺の日陰でピクニックしました♪

メルボルンでは街路樹や街中の公園で多い樹といえば、ユーカリでした。これもまたわたしにとってはオーストラリアそのものという感じの、エキゾチックな風景でした。

左奥がユーカリの林です。
こんな鳥さんも


そして、のちほど「アート」の記事でお話ししたいハイデ近代美術館のお庭や植栽も、とても素敵でした!

美しいお庭を散策するのって・・・本当に楽しいですよね・・・!