アート」カテゴリーアーカイブ

魅力的な城下町 松本

みなさま こんにちは♪

21日は「獅子座シーズンの締めくくりの日」と言われる1日だったそうですね。


午前中お仕事が一段落する頃、彼が書斎のドアをコンコンと。
「夕食を松本で予約したよ。どう?」
「!」
何度もお話に聞いていた美味しいギャレットのお店に行けるのだそうです♪

早めに出かけて、美術館にも行けることに。


松本へは約1時間のドライブ。
途中でこんな雲が見れました。

ふたりで出かける時はもっぱらパートナーが運転してくれます。助手席に乗ってドライブを楽しんでいると、空や雲の様子は毎日違うのです。最近ではそんな走行中の車中よりパチリ!とできるようになってきました。

温室の屋根で何かが光っているのか、不思議な光線が映りましたね!


旅の最初は、安曇野にある直売所で、たくさんのりんごやお野菜を。
同じ信州でも少し場所が変われば違った農作物が並びますので、旅の楽しみであります。
安曇野はりんごの産地!たくさん入った袋を買ったので、アップルパイまたはアップルクランブル?お菓子も作れそうです♫


やや渋滞気味の松本中心地を通り抜け、松本市美術館へ。

街でわたしの大好きなものと言ったら、美術館です♡
松本出身の草間彌生さんの作品が常設で観ることのできる美術館ということ。有名な草間さんですが、作品実物をあまり拝見したことがなかったので楽しみでした。

入り口に草間さんの大きなオブジェが。建物にも絵が描いてあります。他でもこの水玉模様は街中のあちこちで見かけて、松本は草間さんのことをとっても誇りに思っているのだなあと思ったことでした。

館内は撮影できませんでしたが、絵画、オブジェ、インスタレーションと幅広く草間さんの活動が拝見できて、スタッフの方達もにこやかに説明してくださるなど、とても楽しく過ごしました♫

今までわたしにとって強烈なイメージが印象的だった草間さんでしたが、こうしていろいろな作品や彼女のメッセージに接してみると、自分の個性とライフワークに真摯に取り組む一人の女性が現れてきて、その姿勢に感銘を受けました。

アクリル画材で描かれた、大きなかぼちゃなどの水玉。近寄ってみれば、それはそれは丁寧に、一つ一つのごく小さな丸が描かれていて、その筆を握ったのが70歳のとき、ということも合わせて考えると、彼女の感性と技術もさることながら、祈りのような情熱を感じるのでした。

お土産のポストカード

そして、他に常設されていたのが、田村一男さんの作品たちと彼のアトリエの復元です。1904年、東京生まれの洋画家ですが、20歳の時に訪れた蓼科高原に強く魅せられ、それから92歳までの生涯を通して蓼科高原をはじめ日本の高原を描くことをライフワークとされた方です。


初めて作品を拝見したのですが、田村さんの山や高原の見方も画風もとっても好きで、このような素敵な絵をリビングに飾れたらいいなあなんて思いました。
特に、「御射山高原」と題された高原の風景などは、わたしたちの大好きな八島湿原の中の場所(古くから儀式が行われていた)にも似ていて、もしかしたらあそこじゃないかしら、なとど語り合いました。とてもあの場所の神聖な雰囲気が出ていると思ったものですから。

こちらのポストカードは今回は見なかった絵ですが、素敵です。

さて、夕方になると、涼しい風が吹き始め、お散歩するのにもとても気持ち良い空気になってきました。

次に目指すは、友人のアイスクリーム屋さんです♫
友人はアメリカ出身ですが、もう長いこと長野に住んでいる方で、昨年、アメリカはメイン州のお店の初の日本店である松本店をオープンされたのです。アメリカではトップ15に入るお店だとか。

もともとは江戸時代から女鳥羽川沿いにあった土手だったという縄手通りは、レトロな建物が並ぶ可愛い小道です。いつか浴衣で来て歩きたい雰囲気!
そのにブルーの庇が目印のアイス屋さんはありました。

Mount Desert Island Ice Cream

マウント デザート アイランド アイスクリームのコンセプトの1つが、地元の食材を使うということで、信州産の果物、お酒、蜂蜜..など色いろなものが活かされたアイスなど、とてもたくさんの種類が並んでいました!が、即決で選んだのが、信州産プルーンに黒糖をかけてオーブンで焼いたものを混ぜ込んだ、というこちらです。卵は不使用とのこと。甘さは控えめでちょうどよく、焼きプルーンの果肉がたっぷり混じった美味しさを堪能しました。桃のソルベも味見しましたが、こちらも絶品でしたよ。

松本に来たら必ず立ち寄りたい、中通りは白黒の蔵が建ち並ぶおしゃれな商店街。
松本といえば工芸品!素敵な焼き物、ガラス工芸品のお店もたくさんある様子です。
吸い込まれるように、特に素敵と感じたお店に入ってみました。

白黒の蔵が特徴の中通り

店内には日常使いできそうな、陶芸・ガラス・木工の品々が並び、とっても好きな雰囲気でした♫ 好きな場所というのは本当にエネルギーが上がるものですね。
短い時間でしたが、今の時期、デザートを盛り付けるのに探していたガラスの器と、良い形をした花瓶に使えそうな瓶をいただきました。2階もご覧になってください、となんとなく画家藤田嗣治に似たご主人に声をかけていただき、細い階段を上がった2階も拝見。

今まで日本文化というと京都だったのですが、雅な京都の文化とはまた違う、ここ信州の民芸の文化というのかしら、にとっても親しみを感じました。可愛らしく温かい感じがします。ぜひこれからもっと知りたい文化です。

袋にはお店の名前「陶片木」の印が。
2階の様子

他にも別の知人のお店を訪ねた後、向かうのは今夜のディナーのお店。
普段は予約が取れないというギャレット屋さん、モンカバ さんです。

大好きな食べ物は色々ありますが、
フランスの郷土料理やビストロ料理が大好きです☆
そば粉のギャレットは、もともとはフランス、ブルターニュ地方の郷土料理。
りんごのお酒と一緒にいただくのですが、信州はちょうどそば粉もりんごも採れる土地なので、ギャレット屋さんをするのにも良いのかもしれませんね!

Mon Kavaにて


スモーキーな紺色の落ち着いた店内で、りんごのお酒、シードルは信州とフランスの飲み比べ。冷静のバターナッツかぼちゃのスープから、2種類のギャレット、そしてデザートには小麦粉のクレープをいただきました。
女性シェフがフランス人の先生から学ばれたというギャレットは、レースのように薄く、端っこはパリパリ。トッピングの具材やチーズもこだわっていてとっても美味しかったです。
盛り付けも美しく、スタッフも親切、やはりテンションが上がりますね♫


さて、美味しいディナーを堪能した後、もうすっかり遅くなりましたが、ギリギリで温泉に。浅間温泉という温泉郷が近くにありました。

こちらもまた雰囲気満点の場所でした。
何しろ、江戸時代に松本藩の温泉別荘で、「御殿湯」と呼ばれていたそうです。偶然ですが、まさにその御殿湯だった施設のお風呂に入ることになりました。

周辺はもう真っ暗でしたが、歴史的な建物であることは感じられて、ひとりでヒノキの露天のお風呂のちょうど良い加減の湯に浸かる贅沢。なかなかできない経験だと思いました。

枇杷の湯の廊下で

・・・このような松本での1日。



とても楽しい1日でした。
わたしは何が好きか、ということ、
もしかしたら、彼のほうがわたしより分かっていたりして?
と思ったりもしました。

〇〇回目の誕生日、
この地に住むようになって初めて迎える誕生日でした。
素敵な経験をどうもありがとう♡

陶片木の夜のショーウィンドー。陶器でできたミニチュアです。

アートカードセッション ご感想と、キャンペーンのお知らせ!

カードの会 モニタリングセッション。
今日も素晴らしく、あたたかい、気づきの時間に感謝の気持ちでいっぱいです。

モニターさまの寛大なお気持ちにより、ご感想をシェアさせていただきます。

もしかしたら今もどこかで同じように不安なお気持ちを抱えていらっしゃる方にお読みいただけたら、同じように安心な気持ちも思い出していただけるかもしれない…と思いました✨


「まず、naokoさんのセッションを受けてみて心がとても軽くなりました。八ヶ岳のふもとの爽やかな風が都心の鬱々とした私のコロナ禍の日常に吹きこみ、日曜日の朝、とても幸先が良いと感じました。

naokoさんとは初対面でしたが落ち着いた声と仕草に安心感を感じ、自己の内面の深い部分をすっぽりと委ね、インナーに潜ることができました。

未来への不安や恐怖がここ数日かなり心を支配し心がザワザワしていました。

けれども、カードを見ると、実はもう確実に私の手の中で未来が確実に育まれそれは温かいもので、しっかりとしたコアを持ち、その大切にしているものは明るく強いエネルギーを放っています。そして、そこには、私一人ではなく常に静かに見守ってくれている信頼できる存在があり、未来の私は心の奥深い部分も満たされ、静かに美しく微笑んでいて、そんな未来と今の状況に私はとても癒されました。

宇宙的な広い視野で、長いスパンのなかに私の願望はある。常にどこでもどんな時も月が見守ってくれている。まるで炎のなかに孤独に立ち問題と思っていた事実は、未来への準備であると知覚が大きく変わりまました。ありがとうございました!」

✨✨
都内在住・こもれびさん より。

こもれびさん、どうぞお元気で♫
いつかどこかでまたお会いできることを楽しみに。

問題解決のレイアウト

キャンペーンのお知らせ✨

直感アートカード・セッション
新生活キャンペーン <6月30日まで> 
40分 3,000¥ → 2,000¥
60分 5,000¥ → 3,000¥

お申し込み・お問い合わせはこちらにてお待ちしております。

恋愛のお悩みからの、気づき:全ては愛だった✨カードの会ご感想

みなさま、こんにちは。

今日は、カードの会 モニタリングセッションの、ある会を、クライアント様のご承諾を得てこちらにシェアさせていただきます♫

私がカードの会と呼んでいる、カードリーディングでは主にマントゥーマンで個人的なテーマを扱うのですが、不思議なことに、カードからインスピレーションを受けて受け手の方が口にされる気づきには、万人にとって大きな意味のある、叡智の言葉であることが度々あり、私自身もそのことに感銘を受けています。今回もそのようなセッションで、クライアント様の寛大なお申し出により、みなさまにお届けさせていただきます !



まずはお話を伺い、みていくテーマと、どのレイアウトにするか(目標、問題解決または関係性)を決めます。

・テーマ:現在進行中の恋愛について
・レイアウト:目標 「こうなったらいいな♫」という状態に至るには、どうしたら良いか。



➀目標
「こうなった♫」ときの気分を表すカードを表の絵を見ながら直感で選んでいただきます。それがこのカード。その気分を言葉に表していただくと、「あたたかく、自分の内側から輝き、愛が湧き出て、周りに愛が循環していく」ような感じです。

次に裏面にしたカードから3枚を引きます。
➁現状
「バラバラになっている感じ。働く自分、親である自分、恋愛する自分、が全部バラバラの状態。

➂目標に到達することを助けてくれる物事
「けど、どの自分をやっていても、結局同じ目標に向かっている。安心していい。

➃やるべきこと
「愛。職場でイヤだなと感じる人・物事も、そんな感情を抱くこともある自分も、全てを愛すること。恋愛もまた、同じ愛であるので、特に分けて考えることはない(怖がることはない)こと。」



このように書きますと、若干インスタントな印象もしてしまうかもしれませんが、

実際には、全体で30~40分の時間をかけて、ご自身の内側出てくるインスピレーションや感覚をじっくりと味わい、感じながら言葉にしていっていただきます。そのライブなプロセスを、アシストさせていただくセッションですので、私も感動をいただいております。



さて、以下は、ご本人から追って頂戴したご感想です。

ずばり、自分の中の愛が統合されたと思います。
わたしは愛そのものなんだと。
何をしていても 何をやっても愛になる。
そうカードが教えてくれた♡
だから、遠慮せず怖がらずそのまんまのわたしを
そして、そのまんまの全ての存在を
安心して愛していこうと思えました。」



今回のクライアント様は美丘聡子さん
私はご縁があって、彼女の「声&音診断」というセッションを受けさせていただいていました♫
声や歌の録音を聴いていただいて、そこからその人の本質や波動をリーディングしてくださるというもの。ヴィジュアルに富んだ美しい詩の形で結果をくださるのです。とてもユニークで素敵な体験でした!


<カードの会、オンライン モニタリングセッション>は、5月末まで、行っています。

・40分 3,000¥ → 無料 

(後日、長さを問いませんのでご感想をお願いいたします。守秘厳守をいたしますのでご安心ください。今回のような投稿でのシェアはクライアント様のご承諾をいただいた時のみ、行わせていただいております。)

お問い合わせ・お申し込みは nahara.naoko.m@gmail.com まで、お待ちしています♫

ある日のカードリーディング&✨無料モニターさま募集✨

みなさま、こんにちは!

今日は、あるリーディングをご紹介します♫

➀まず<目標>となるカードを表の絵を見て1枚選びます。なぜこのカードを選んだかというと、私にとってこんな感じだからです:「スッキリした気持ち。1つの目標に集中して進む」

シャッフルして裏面にしたカードから1枚➁、2枚目➂、3枚目➃を引きます。

➁<現状>から見ていきます。今、色々と新しいことを学び、コンセプトを練り、新しいセッティングをしているところ。多少頭がごちゃごちゃしてしまうのは、仕方ないよ。

➂<サポートしてくれる人・物・事>土台に安定した日々の生活と落ち着いた心があるから、作業に打ち込んだり、チャレンジしても大丈夫なんだよ。

➃さあ、今日も出発。前に進もう♫
.
実はこれは昨日、自分で自分に行ったリーディングです。私のジェネシス・カードリーディングは、ご自身がカードに何をみるか・感じるか、ということを言葉にしていただくセッションです。ガイド・サポートさせていただきますので、慣れていなくても大丈夫です。意外なことにスラスラと、ご自身の内側から、ご自身の答えや知恵が出てきます♫
.
オンラインセッションの、無料セッションのモニターさまを募集いたします✨
30-40分間、メッセンジャー、ライン、Zoomのヴィデオ通話などで。
セッション後に長さは問いませんのでご感想をお寄せください。
.
こちらの4枚のレイアウトで「目標」(目標に向かって進むにはどうしたら良いか)または「問題解決」(この問題を解決するにはどうしたら良いか)
別の2枚のレイアウトで「関係性」(この人(物事)と私との関係性はどのようなものだろうか)をみることができます。
.
絵からメッセージを得る、感覚を言葉にする、カードリーディングの練習をしたい方にもおすすめです。
.
ご興味ある方は是非♫ お問い合わせ・お申し込み、コメント・メッセージでお待ちしております💕
お申し込みの際はお名前と、ご希望日時を第3候補までお書きくださいませ✨
.

メルボルンのアート (メルボルン記 その5)

自然と並んで大好きなのは、アートです✨
メルボルンでも何がみれるのかな♫と楽しみに出かけました。

最初に訪れたのは、お姉さんも「きっとあなたたちの気に入るわよ」とお勧めしてくれた、ハイデ近代美術館です。( Heide Museum Of Modern Art https://www.heide.com )
電車に乗って行く郊外にあり公園の中のいくつかの建物で構成されています。リード夫妻がここに建てた自宅で1934年から芸術のパトロナージュを始めたのがこの美術館の始まりです。
全体に自由で解放された楽しい空気が満ちているのも、きっと彼ら創始者たちから生まれた気風なのだと思います。やっぱり、アートはいいですね!

ここではランチも挟んで、いくつもの展示が観られました。 3Dメガネを着けて拝見するとても斬新で独特の雰囲気のヴィジュアルアート、シュロの葉を使ったインスタレーション、リード夫妻のコレクションなど。

これらのアートには、やはり、ヨーロッパのものともアメリカのものとも違う、「新世界」の香りを感じました。どこか野生的で、カラフルで、生命力に満ちていて、全く新しい土地に移り住んでそこを我が家としてたくましく生きてきた人たちの、ここオーストラリアでの生の喜びを感じるような気がしました。

とてもインパクトのあったシュロの作品の1つ。
シュロの葉のグラフィカルな美しさをアート作品に✨
お部屋にシュロの雪崩が!!?

次に訪れたのは、ヴィクトリア国立美術館です。( National Gallery of Victoria https://www.ngv.vic.gov.au ) 2つの場所に分かれており、両方に行ってみました。
NVG Internationalと呼ばれている大きな建物の方では同時にいくつもの展示を開催していましたが、中でも夢中になってしまったのは、川久保玲さんのファッションレーベル、コムデギャルソンの回顧展です!各時代のお洋服実物 多数のほか、素敵だったのはコレクション映像がいくつかの壁面にずっと映写され続けていたことです。ファッション専門学校の学生だった80年代初頭、コムデギャルソンはヨージヤマモトと並んで圧倒的な存在で、それらの映像を見たらあの時のかっこいい!という感動が蘇り、またまた音楽もかっこよく、痺れてそこから動けなくなってしまいました。笑
本当に衝撃的で斬新でかっこよかったコムデギャルソン。この世界観を再び見て、女性が自分らしく、自分にとって自然にしていて良い。というメッセージを感じました。女性の本来の強さも感じました。本来それはとても自然なことであるということも。「女性」というくくりにともすると縛られがちなわたしたちですが、そこから解き放たれて良いのだ、と改めて自覚します。これからも自分なりの女性性は何かと考えていきたいです。
・・・そんな風に深く感動させられ、考えさせられた展示に出会えて幸せでした!

壁面に映し出される、懐かしいコレクション画像!
コレクションの音楽プレイシストです!かっこいい〜♫
実物も多数!

また、別の展示では日本の様々な時代の様々なアートを集めており、中でも一連の動物愛護を美しくアピールするポスターに目を奪われました♫
こうして遠い異国で、日本の素晴らしいアートをゆっくり堪能できた、というのも、とても嬉しいことでした♡

同じ美術館の別の建物では、オーストラリアのアーティストによる作品たちを拝見しました。
どこか楽しげで、素朴な感じが好きでした✨