オーガニック」カテゴリーアーカイブ

新大陸のオーガニックコスメ (メルボルン記 その6)

メルボルンへの旅で素晴らしい発見だったことがもう一つありますよ。
それは、オーガニックのスキンケア製品です。

もともと幼少の頃、そして高校生の頃にアトピーに悩まされたこともあるわたしの肌はとても薄く敏感な質なので、’80年代フランスではアヴェーヌ ( Avene )など敏感肌用の化粧品に助けられ、その後’90年代からは、主にドイツなどの自然な成分のみを使用した化粧品が日本のクレヨンハウスなどで手に入るようになり、お肌のトラブルとは幸い無縁になりました。

その後どんどんと新しい商品やブランドが誕生するようになり、他にもオーガニックコスメの専門店ができるという良い時代になりましたよね。
けれども、自然化粧品といえど、新しい基礎化粧品を試すのは合うか合わないかのリスクはあって、ついあまり冒険していなかった近年でした。



さて、到着の日はとても爽やかで過ごしやすいお天気に恵まれたメルボルンでしたが、翌日は熱波となり、43度の気温の中、いくつかの用事や観光のため近くの街を歩き回って過ごすことに。しっかり帽子をかぶり、誰もささない日傘もさしていましたが、家に帰る頃にはお肌に滅多に感じたことのない乾燥?ツッパリ感?を感じていました。

両手で顔をおさえるわたしを見てお姉さんはすぐさま、「敏感肌なのね。お肌がタイヘンになってしまったんじゃない?」と見てとると、ジュリークのラベンダーエッセンスを加えた冷水に浸したハンドタオルを作り、まずこれで冷やしなさい。と渡してくれました。
その後、これからはこれを使いなさい。と渡してくれたのが、日本でも人気のあるパーフェクト・ポーション ( Perfect Potion ) のローズウォーター、そしてエディブル・ビューティー ( Edible Beauty ) という初めて聞くオーストラリアのブランドの基礎化粧セットでした。

実はわたしとお姉さんは肌質がとても近かったようで、わたしの感じていた肌トラブルや違和感の問題を彼女も経験済みだったし、彼女が自分の敏感肌をレスキューするために見つけたきた優れものの自然化粧品とケアの仕方は、どれもわたしの肌にもぴったりだったのです!
なんてラッキーなことでしょうか!💕
ちなみに、肌質のみならず、ファッションや食べ物の好みまで似ていたので、お姉さんのお勧めはいつも確実で、本当にたくさんの恩恵に預かりました!

エディブル・ビューティーの基礎化粧トライアルキットは、4つの製品から成り立っていて、どれも真っ黒の小さなボトルに入ってとても小さなネイビー色の文字で、「No.1 Belle Frais Cleansing Milk with a dash of lime 」などと印字されているのです。とても詩的で、何やらフランス料理のお名前みたいです。

「これはね、あるギリシャ人の女性が、欲しい製品がないので自分で作り始めたものなのよ。」Edibleとは食べられるという意味。全て食べられる材料で作られたコスメなのだそうです。

コンセプトやデザインが素敵という他に、香りやテクスチャーなど使い心地は最高。しかし、驚いたのはその効果でした。なんとその晩のお手入れに使っただけでわたしの肌の違和感は消え、その後の滞在中もタフな気候に負けない状態を保つことができました。すっかり気に入ってしまい、幸いクリスマースの大セール中だったので、2つの製品を持ち帰りましたが、1と月ほど続けていると肌がより滑らかになったのにも驚きました。化粧品にこうした効果を期待していなかった近年でしたので、今日のオーガニックコスメの力を思い知ったとても嬉しい出来事でした。

アーティスティックなパッケージも魅力的



乾燥や紫外線など、非常にタフな気候だったメルボルンの真夏。
オーストラリアやニュージーランドで優れたオーガニックコスメの誕生する理由がわかるような気がしました…。こうしたチャレンジングな気候条件の地域だからこそ、それでも女性が健康で美しく幸せに生きて行くための知恵を神様は授けてくれるのではないかしらと、思ったことでした。



昨晩は都知事より都民に向けて、週末からの行動制限の要請がなされました。
世界の他の国々の人々が経験しているようにわたしたちもこれからたくさんのチャレンジを経験することになるのかもしれません。
覚悟が必要だと改めて感じる一方で、わたしたちがこの時代を生きるために必要な知恵はきっと授かることができると信じています。
一緒に乗り越えましょう。

メルボルンの食 ( メルボルン記 その2 )

みなさま
こんにちは♪

オーストラリア記の続きです。
それから2週間弱のメルボルン滞在に関して、書きたいことはなにかな?と考えてみると、やはり食べ物のこと!日頃から関心のあること、ということもありとても印象的だったのです。

まず良いな✨と思ったのは、家から歩いていける範囲内でも2軒のオーガニックショップがあったことです。野菜果物、乳製品、パン、乾物、そのほか食料品は一通りあり、そのうちの1軒 ビヨンド・オーガニック ( Beyond Organic https://beyondorganicwholefoods.com.au )にはコーヒー、スイーツ、スムージー、軽食もいただけるカフェが併設されていて、裏庭にお外の席がありとても良い雰囲気!お肌ツルツル元気で笑顔の男性オーナーもスタッフも親切で、すっかり気に入ってしまいました!フランスでは普通のスーパーにオーガニックコーナーがある、というのが多かったですが、こちらではオーガニックショップが街角にあるのですね〜。ちょっとしたコミュニティーになっているのも良いですね✨

中でも有名なのがテラ・マドレ( Terra Madre https://www.terramadre.info/en/ )という大きなオーガニックショップ。量り売りコーナーでは私も様々なシードやローカカオバターなど破格のお値段で入手することができました。2階ではナチュロパスと呼ばれる自然療法士に健康相談することもできるそう。日本人女性でナチュロパスの資格をお持ちの方もお店にいらっしゃいました。どんな療法なのかとても興味深いです!

街の食べ物屋さんは、イタリア料理、ギリシャ料理、ニュージーランド料理など様々あり、美味しくてヘルシーなお料理を色々といただくことができました。カフェも多く、とても美味しいコーヒーがどこでもいただけました。(コーヒーの中でも極め付けは、お姉さんのお勧め、Chadstoneという大きなショッピングモール内でいただいた、搾りたてオーガニックアーモンドミルクでオーガニックエスプレッソを割ったカフェラテ。ミルクのカフェラテとはまた別物でしたがとても美味しかったです。)

ヨーロピアンなルーツとより新しい移住者の影響、新世界のワイルドさ、そして栄養満点の新鮮な材料とたっぷりとした量。オーストラリアに人たちはタフだなぁ!と何度も思いましたが、彼らの元気のもとは、この美味しい豊かな食生活にもあると思いました。

ちなみに…現地の方達にとっても人気なのは日本食でした。どこにでもと言っていいくらい、スーパーの中にもモールにも駅にも街角にも、巻き寿司のショップがあるのです。ヘルシーだし美味しい!ととにかく大人気でした。

近所の美味しいカフェで。新鮮なサラダそして伝統的なパイやキッシュが絶品でした!大好きな人参ジュースは生姜やターメリック入りの素敵なものが、だいたいどこにでもあったのが嬉しかったです✨
昔懐かしいヨーロピアンなお菓子があるのも嬉しい!この中からいただいたのは…レモンパイです♪
お気に入りのオーガニックショップ、Beyond Organic
生鮮食品から乾物まで一通りの食品や化粧品、洗剤などそしてカフェも併設されています。
今回いただいた中でも一番美味しかったスムージーのカウンター。ヨガウエアの女性たちがたくさん来ていました。
中庭には居心地の良い席があってゆっくりできました。ゆっくりお買い物しながら休憩って、いいですよね!
カフェの持ち帰り用カップは1点ずつ違う絵柄でとても美しいものでした!
Batchというニュージーランド料理の食べられるカフェに行きました。大人気でランチはすぐに満員に!
パンケーキ、フリッター、ジャガイモ料理などのニュージーランド料理を堪能しました✨
有名な大きなショップ、Terra Madre。テレビで放映されますますメジャーになったそう。なぜかサンスベリアがたくさん売っています!電磁波対策に?
ハイデ近代美術館のカフェでいただいた、流石に美意識の高いランチ。フムスと、ファッロ小麦・玄米など雑穀のサラダ。このグレインサラダは食べ応えもあり、ランチにもピクニックにも良さそう!ぜひ再現したいです。
クリスマスディナーはイタリア出身の女性宅にお呼ばれしました。心のこもった家族の集まりに参加できるなんて幸せです✨
彼女の故郷プーリア州の料理、オレッキエッティは耳たぶの形のパスタです。ヒヨコ豆と青菜のトマトソースで。